アメブロの訪問者数を増やす方法(1/4)-そもそもどこからアメブロに来るのか

自分のアメブロの存在を知ってもらうためには、兎にも角にもまずは自分のアメブロへアクセスしてもらうことが必要です。
そこで、アメブロの訪問者数を増やす方法を4回に分けてご紹介します。今回は第1回です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

そもそもアメブロへの訪問方法とは

アメブロに訪問者数を増やすことについて説明する前に、アメブロに来る人がどうやって来るかを考えてみましょう。
どのように来るかがわかれば、どのように増やせばいいかがわかります。

初めて自分のアメブロに来る人は、大きく分けて次の5種類のパターンで自分のアメブロに来ます。

1.検索結果からくるパターン
2.リアルでの出会いから来るパターン
3.ソーシャルメディア経由で来るパターン
4.他の人のホームページやブログから来るパターン
5.アメブロ特有の機能で他のアメブロユーザーが来るパターン

それぞれ具体的に見ていきましょう。

1.検索結果から来るパターン

A1.キーワードで検索して来るパターン
あることを知りたくてキーワードで検索して、その検索結果に自分のアメブロが表示されて自分のアメブロに来るパターンです。
最も想像しやすいことでないでしょうか。

2.リアルでの出会いから来るパターン
B1.名刺交換後に来るパターン
名刺交換をした人が、その後どんな人なんだろうと興味をもって、アメブロを検索するパターンです。

3.ソーシャルメディア経由で来るパターン
C1.自分のFacebookで紹介して来る
自分のFacebookでブログを更新することをアップすると、自分のタイムラインを見てくれた人が自分のアメブロにアクセスすることがあります。

C2.自分のTwitterで紹介して来る
自分のTwitterでブログを更新することをツイートすると、ツイートを見てくれた人が自分のアメブロにアクセスすることがあります。

C3.その他ソーシャルメディアで紹介して来る
Google+、mixi、greeなどTwitter、Facebook以外のソーシャルメディアを経由して自分のアメブロにアクセスすることがあります。

4.他の人のホームページやブログから来るパターン
D1.他の人のホームページやブログで紹介されていて、そこのリンクから来る
他の人がホームページやブログで紹介されてくれると、そこから自分のアメブロに来てくれることがあります。

5.アメブロ内の機能で他のアメブロユーザーが来るパターン
ここからは、アメブロ独自の機能でのアクセスになります。

E1.アメブロ読者登録
自分が他の人のアメブロの読者になり、それを相手に通知すると、そのアメブロのユーザーが、「どんな人が読者になってくれたのはどんな人だろう」と思い、自分のアメブロにアクセスすることがあります。

E2.他の人のアメブロから来る
自分が他の人のアメブロに読者登録をしたり、他の人が自分のブログに読者登録すると、その人のアメブロのサイドバーに自分のアメブロのブログタイトルが表示されます。

E3.「ペタ」から来る
アメブロには「ペタ」という機能があります。(mixiの「あしあと」に近い機能です)
「ペタ」とは、他の人のアメブロを見ましたよ、と記録を残すような機能です。
他の人のアメブロにペタをすると、そのアメブロのユーザーが、「このペタを残した人は誰だろう」と思い、自分のアメブロにアクセスすることがあります。

E4.他の人のアメブロにコメントを残してそこから来る
他の人のアメブロにコメントを残すと、そのアメブロの持ち主やそのアメブロを見た人が、「このコメントを残した人は誰だろう」と思い、自分のアメブロにアクセスすることがあります。

ここまで、アメブロの訪問者数を増やすためにどうするかを考えるために、そもそもどのようにアメブロへ訪問しているのか、についてご紹介しました。
次回から具体的に、アメブロの訪問者数を増やす方法についてご紹介します。

アメブロの訪問者数を増やす方法(2/4)

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です