アメブロの訪問者数を増やす方法(4/4)-アメブロ特有の機能を利用してアメブロへの訪問者数を増やす

アメブロの訪問者数を増やすために、まずどのようにアメブロにやってくるのかを考え、それに対して仕組みを考えましょうということで、第1回は、そもそも自分のアメブロへどのようにやってくるのか、ということについてご紹介しました。
そして、第2回で、検索からの自分のアメブロへの訪問数を増やす方法についてご紹介しました。
第3回で、実際に会った人に見てもらう方法、ソーシャルメディア経由で来る人を増やす方法、他の人のホームページやブログから来る人を増やす方法についてご紹介しました。
今回は、アメブロ特有の機能を使って、自分のアメブロへアクセスしてくれる訪問者数を増やす方法をご紹介します。

E:アメブロ経由
ここからはアメブロ特有の機能を用いた方法になります。
人によってはあまりやりたくないという方もいらっしゃるかもしれません。
(効果はあると思いますが、逆効果になることもあるため、個人的にはあまり行っていません)

E1.アメブロ読者登録
アメブロ読者数は、はじめはなかなか増えません。
そこで、こちらから読者になっていきます。
自分のブログを読んでほしい人に読者登録するというのも1つですが、はじめは自分が興味あるアメブロに読者登録して、反応を見ながらターゲットにしたい人のアメブロに読者登録する、という流れの方がある程度精度の高いブログができてからアプローチができるというメリットがあります。

E2.他の人のアメブロから来る
他の人のアメブロに読者登録をしたり、他の人が自分のブログに読者登録すると、その人のアメブロのサイドバーに自分のアメブロのブログタイトルが表示されます。
なので、読者登録するというのは1つの手段としてありです。

E3.「ペタ」から来る
自分の見込み客に「ペタ」をつけてみましょう。
(ただ、個人的には、あまりおススメしていません。「ペタ」はシステムで自動的につけることができるせいか、違和感のあるペタがあります。こういったものは、逆に嫌な感情を抱かれかねません。)

E4.他の人のアメブロにコメントを残してそこから来る
他の人のアメブロにコメントをしてみましょう。
ただし、自分の宣伝のためにコメントするのではなく、本当にコメントをしたい記事に対して、コメントするべきです。
(人間関係の基本を守って利用しましょう)

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
レクタングル(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です