アメブロがビジネスに有効な理由

アメブロをやる目的は2つです。
1つめは、見込み客(orファン)の獲得
2つめは、自分のブランディングです。
おまけとして、「コラボ」をいれておきます。

まず1つめが、見込み客の獲得です。

まず見込み客とファン獲得のために、Facebookとアメブロを
使いましょうと言った理由ですが、
ビジネスをするにあたって、「顧客リスト」というのが必須です。
既にビジネスをやられている方は、ご承知かと思いますが、
何をやるにしても「集客」が一番苦労します。
集客に必要になるのが、顧客リストなんですね。
顧客リストがないと、人脈や紹介を使う以外は、あてもなく広告を
出すしかなくなります。
(人脈や紹介が一番強いのは確実ですが。)

個人や中小企業で活動していく場合、活動するにあたって
時間的制約がありますので、24時間営業活動をしてくれる
インターネットを利用する必要があります。

もし利用しない場合は、自分の持っている人脈や名刺を使って、
1人1人に連絡しなければなりません。
また新規で来てもらいたい人に対しては、紹介もしくは広告などを
利用する必要がありますよね。

ただ紹介や広告にも限界があります。
そうなってくると、インターネットを活用する必要があります。

ただし、今の時代はホームページがあるのが普通ですので、
ホームページを作っただけでは、集客は難しいですし、
ホームページを作るにもコストがかかります。

そのような状況で費用がかからないで、比較的容易に始めることが
できるのがアメブロになります。
また、アメブロの場合、ホームページに優れている点として、
ホームページは、検索されないと、認知されませんが、
アメブロはこちらから自分の存在を知ってもらうことができるという
メリットがあります。

具体的には、コミュニケーション機能が充実しているため、
他のブログユーザーさんからアプローチされやすく、アプローチしやすいため、
見込み客を見つけやすいというメリットがあります。

そこで、見込み客となる人と関係性を持つことができれば、
集客が比較的容易になります。

また、自分のビジネスに興味を持ってくれる人が
ブログの読者になったり、メルマガを登録してくれることで、
見込み客リストができます。
(メルマガに登録してもらうためには仕組みや仕掛けが必要ですが)

また見込み客の方が、定期的にブログを見てくれて、
想いに共感してくれて、ファンになってくれればベストですね。



2つめが、ブランディングです。
アメブロはユーザー数も日本一ですので、その中で(もしくはそれ以外でも)
「▲▲さんとは、こういう人、もしくは●●に詳しい」というブランドが確立されると、
お客さんも行ってみようかなと思うかもしれません。

またひいては、「●●と言えば、▲▲さん」と言われるようになれば、
こちらから営業しなくても、逆に相手側から依頼がきます。

要するに、「▲▲さんが●●の専門家で、どんなことをしたいんだ」っていうのが伝わって、
それに共感してくれる人が集まればいいんです。

これも、「1」につながります。

またブランドが確立されると、
個人の商品(コンサルティングやコーチ)を提供する場合には、
▲▲さんという人間は1人しかいないので、他の人と差別化ができて、
価格勝負になるということがありません。


3.コラボ
また、アメブロを利用して「コラボ」することもできます。
(私も今やろうと思っているところです。)

自分1人でビジネスを進めていくのは無理です。
特に集客の部分は大変です。
そこで、ターゲットが同じで、違う商品を扱っている人と
「コラボ」をすることで、2人で集客ができますし、
聞きに来る人も2つのテーマについて、聞くことができるので、お得感があります。

そのコラボをするにしても、相手が▲▲さんにどんな実績があるかわからなかったら
「ホントにコラボする価値があるの?」って思われてしまいます。
しかし、アメブロで情報発信をしておくことで、これだけ情報発信をしている人なら、
大丈夫かもしれないと思ってもらうことができます。

なので、「コラボ」で活用するためにも、アメブロもしくは他の何かで
自分の実績をインターネット上で見ることができるようになっている
ことが必要となります。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
レクタングル(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です