結局SEOは何をやればいいのか

検索結果の順位は重要です

検索をする際、キーワードを入力して検索すると思います。
検索ボタンを押すと、検索結果が表示されます。

検索結果の順位は、ホームページでビジネスをしていく上で非常に重要です。

検索結果のうち、半分の人は3ページ目までしか見ないという調査結果があります。
検索結果ページを開いた時、何ページまで見るか
【出典】 http://japan.internet.com/wmnews/20080806/4.html

また、検索結果のクリック数は、1位表示されると45.46%、2位表示されると15.69%、3位表示されると10.09%、1ページ目の最後である10位表示されると2.71%となっています。
【出典】 http://www.agent-seo.com/seo/click-distribution-percentages-by-serp-rank/

ということは、自分のホームページが3ページ以内に表示されないと、見てもらう可能性が極端に低く、1位表示をされると、見てもらう可能性が非常に高まるということです。

検索結果に上位表示されるために

検索する際に、上位表示されるように対策を実施することを一般的にSEO(エス・イー・オー、Search Engine Optimization、検索エンジン最適化)と言います。


スポンサーリンク
レクタングル(大)

SEO対策は何をやればいいのか?

SEO対策は「SEO対策」で検索すると、ものすごい量の検索結果が出てきます。
そして、いろいろなサイトでいろいろなことを言っています。

ただそんなに難しく考える必要はありません。
Googleで公表されている(意外と知られていませんが)「検索エンジン最適化スターターガイド」に関する施策はを行うことが最も近道です。

たしかに有料リンクなどを使うと、今の時点では検索順位が上がるというのは事実です。
しかし、有料リンクはGoogleが利用規約で禁止しています。
こういったことを行うと、
(実際にアメリカでは、有名デパートがペナルティを受け、検索結果に表示されなくなりました。

これは、人事ではありません。
利用規約に反することを行うと、いつペナルティを受けるかわからなく、ペナルティを受けたときの影響が非常に大きいです。
なので、短期的にSEOに効果があったとしても行わない方がいいと考えます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です