Outlook2010の「VBAプロジェクトの署名を確認中にエラーが発生しました。マクロは無効です。」の対処方法

├Outlook

Outlook2010で、VBAを設定後の起動時に出るようになったエラー
「VBAプロジェクトの署名を確認中にエラーが発生しました。マクロは無効です。」の対処方法です。

VBAプロジェクトの署名を確認中にエラーが発生しました。マクロは無効です。

対処方法

Outlookのプロファイルを削除します。

Cドライブから以下のフォルダにアクセスし、
「VbaProject.OTM」というファイルを削除します。

C:\Users\%USERNAME%\AppData\Roaming\Microsoft\Outlook
(Windows7 Professional 64bitの環境にて)

上記ファイルを削除すると、Outlookを起動時に自動で新たなVBAプロファイルを作成してくれます。
これで、標題のエラー表示は現れなくなります。
(VBAを利用している場合は、改めて作成が必要です。)

<こちらの記事もオススメ>
1日のOutlookの利用時間は2.5時間。もっと短縮しましょう!
すぐできるOutlookを超効率化できるワザも紹介していますので、ぜひご覧ください。

すぐに使えるOutlook効率化ワザ5選
オフィスワークをしていると、日々大量のメールが届きますよね。 一般社団法人日本ビジネスメール協会の「ビジネスメール実態調査2020」によると、仕事でメールに費やしている時間は1日2時間29分だそうです。 年間の勤務日を240日とする...

コメント

タイトルとURLをコピーしました